エルメスバッグの歴史

年代を超えて愛されるエルメス

エルメスバッグの歴史 - 年代を超えて愛されるエルメス

ケリーバッグとバーキン

 エルメスのバッグといえば、何を思い浮かべるでしょう。ケリーですか、バーキンですか、それともボリード、プリュム、エヴリン、ピコタンなどなど。ちょっと考えるだけで魅力的なバッグが出てきますね。どれもこれも素材のクオリティにこだわって、丁寧な縫製で作られた宝石のようなバッグです。女性にとって憧れるラグジュアリーブランドはたくさんありますが、エルメスのバッグはなかでもそうとう高ランクに入るでしょう。

 エルメスのバッグが女性に人気なのには、わけがあります。それは、ある意味エルメスバッグ=究極のバッグということでもあるからです。世の中にはいろいろなオシャレがあります。ファッション界では毎年毎年新しいデザインと新しい素材でデザイナーたちが勝負をしています。そんななかでエルメスのバッグはいつ買ったものでも、きちんと最新のスタイルに合わせられて、しかも違和感がない。究極まで削り出されたシャープさでありながら、女性らしいシルエットがバッグと洋服をつないでくれるのです。これがエルメスバッグの底力であり、長年数々の有名人を魅了してきた理由でしょう。

 エルメスバッグの愛用者といえば、ハリウッドのプリンセス、グレース・ケリーが有名ですね。彼女はハリウッドで成功したのち、絶頂期にモナコ王国のレーニエ国王と結婚して本物のプリンセスになりました。エルメスのケリーバッグは王妃が妊娠中の様子をパパラッチから隠すためにとっさに使ったことで有名になりました。しかし、このエルメスバッグがもとから「ケリーバッグ」と呼ばれていたのではないことはご存知ですか?1935年からサック・ア・クロアという名前で販売されていた、エルメスバッグの中でも歴史のあるバッグなんです。ところがグレース王妃の写真で世界的に有名になったため、改名されたというわけです。

 ということは、ケリーバッグはグレース王妃のためにデザインされたものではなくて、王妃の方こそが以前からエルメスバッグの熱烈なファンであったということなのでしょう。つまり、エルメスは世界中のセレブに長年変わらず愛されているブランドなんですね。

 ケリーバッグとバーキン、この二つはエルメスバッグの中でも双璧と言えますが、どちらが使いやすいかは意見の分かれるところです。最後は好みの問題ですが、エルメスのバッグを使うときは基本的にハンドで持って出ることが多いでしょう。ハンドで持つ場合は形状から言って、バーキンのほうが使いやすいのではないでしょうか。30センチか35センチのバーキンを持っていたら、一生どこに行くにも困りませんよ。このオールマイティさが、エルメスバッグの人気の訳と言えそうです。
 

バッグが人気の訳

エルメスのバッグが人気の訳にはいろいろあります。
まず、エルメスというブランド名が大きな要素になります。
もともと馬具を作っていた会社だけあって、革製品のバッグや、昔は馬具入れとして使っていたバッグなどを作って販売しているエルメスですから、伝統があって、歴史があります。

エルメスのバッグは価格が高くて、なかなか手に入れることが出来ないところも人気になっているのでしょう。例えお金を持っていても、人気のバッグなどはウェイティングリストに載せられて、入荷するまで待たねばなりません。非常に手に入れるのが難しいというところも人気の訳になっています。

女性ならば、一度はエルメスのバッグを腕に持って、出かけたいと思うものです。エルメスのバッグには品格があって、使い勝手もよく、長持ちします。一つ持っていると、子供に譲ったり、その子供がまたその子供に譲ったりして長年使い続けることができるところも人気がある訳になります。

私がゴールドのエルメスのバーキンをさげてあるデパートに行ったら、売り場の店員さんが近寄って来て「それ、エルメスですか?」と聞かれました。

そうです、と返事をすると、びっくりして、「ちょっと触らせてもらえませんか?雑誌では見たことがあるんですけど、実物を見たのは初めてなもので」ということで、バッグを触らせて欲しいと言われたことがありました。
それくらい、本物のエルメスのバッグは人気があるのです。

なかなか買えない値段なので、持っている人は余りいないようで、似たような形のバッグは売っていますが、やはりエルメスの刻印がある本物のエルメスのバッグは人気があります。

触るだけでもいいと思うほど、エルメスのバッグには魅力があるのです。
グレースケリーが持っていたことで命名された「ケリーバッグ」やジェーンバーキンが元で作られた「バーキン」など魅力的なバッグがたくさんあります。なかなか手に入れることが出来ない高嶺の花なので、魅力があるのです。

宅配買取が流行り

忙しいこの時代、過去にブランドアイテムを買い揃えた人にとってブランドアイテムを手放す際に、
出来れば手軽に、そして高く安全に買い取って欲しいと思うものだと思います。

私も初めて働いた会社員時代に、自分へのご褒美としてブランドバッグを、
社販で安く買ったことがありましたが、だんだんと使わなくなっていきました。

あれから何年も経ちますが、ずっとタンスの肥やしになったままで、もったいないなぁと思っています。

そこで今流行の宅配買取で、買い取ってもらおうと思っています。
というのは、宅配買取だから自宅にいながらにして見積もりも申し込みも出来るし、
申し込みをすれば、宅配用のキット類(箱や伝票などといったもの)を届けてくれて、
自宅で梱包をすれば、カルティエ買取はこちら等、後は宅配業者に引取りの依頼をして引き取ってもらえば、
手続きそのものは完了となるため、大変合理的で便利なんですね。

後は、現物をプロの鑑定士さんに見てもらい、きちんとした金額を算出してもらいます。
その金額が出る期間とは、だいたい2日くらいだったでしょうか。

以外とスムーズで、本当に査定をしてくれるのか?といった不安がないのがいい。
それにきちんとその金額に納得いけば、買取成立となって金額を指定口座に振り込んでもらえるのです。

私が持っていたブランドバッグの場合は予想以上のいい買取額が算出されて嬉しかったですね。
他の買い取り専門店にも査定を依頼しましたが、このときはメールに写真を添付して送りました。

でも、あまり納得の行く金額ではなかったため、本査定依頼をやめてしまいました。
一店舗しか査定をしなかったけれど、他の買取店でもこんなに高く査定して貰えなかったかもしれません。
こういった自分が欲しくて買ったものを、今は自分に必要じゃないのだけど、
もし、必要とされる誰かに使って貰えるとしたらいいですよね。

今流行のブランド買取サイトを大いに利用して、欲しい人の手元にブランドアイテムが届けられるのはいいですね。
私もまた、他にどんなブランド買取サイトがあるのかをリサーチしておきたいなと思っています。

バーキンとは

いわゆるハイブランドの魅力のひとつは、長く使えるということでしょう。エルメスなどがその筆頭ですが、バッグにしてもコートやスカーフにしても、上質な素材を厳選してオーソドックスなスタイルで法制も丁寧にする。こうすることで、長いあいだ使い続けても型くずれやスレなども起こりにくく、安心して使えることになります。またバッグなどはスタイルが確立されているので、いまさら流行に左右されないというメリットもありますね。
流行に流されないことから、エルメス買取サイトにおいても値崩れする事なく、高価に買取されています。

私の義姉(夫の姉)はけっこうなお金持ち。恐れ多いようなハイブランドのものをポンポンと買います。それをずっと使っているのはすごいことだと思いますね。また、お金持ちに共通しているのはハイブランドのアイテムを2代にわたって使っていることです。アンティークといってもいいようなバッグを無造作に持っているのはそのためなんです。
あるとき、義姉が食事に連れて行ってくれるというので待ち合わせました。登場した義姉は着物姿で(この人、お金があり過ぎて最近は着物を着るようになったんです)、手にはお気に入りのバーキンを持っています。このバーキンは義姉が買ったものではなくて、お姑さんからもらったものです。カラーは定番のエトープ。これが着物には一番合わせやすいんだとか。
エルメスのバーキンというのは、新しければ新しいほどなんとなく身につかない感じがするものです。義姉に言わせれば、バーキンは買ったらいろいろなものを突っ込んで持ち歩き、形が崩れる寸前まで普段使いしてからしばらくクローゼットで休ませるんだそうです。バーキンのすごいところは、こうやって休ませているあいだにバッグそのものがなじんでいき、いつの間にかその人の一番使いやすい形になっているんだとか。「急いでなじませたい時には、テレビを見るときに踏んでおくのよ。オットマン代わりね」とまで、義姉はいいます。私はそんなこと、恐ろしくてやったことはありません。
バーキンは多くの女性のあこがれでしょうが、結局はここまで使い倒せる人にしか似合わないのかなあと思いつつ、私は借り物のバーキン(義姉から)をそっと扱っています。ついでにいえば、その日の義姉の羽織裏はアンティークのエスメス カレでした。反物代よりも、仕立て代よりも、そのカレのほうが高価だそうです。

エルメスも職人のこだわり

伝統的な皮革という材料を中心にしながら、型にとらわれないけれど完成度の高いモノづくりを徹底しているブランド、という印象が強いです。エルメスのアイテムが年代を超えて長く使えるのは、流行り廃りとは無縁の地に足の着いた良質なものが根底にあるからだと思います。

もともとは馬具工房として始まり、エルメスのロゴに四輪馬車があしらわれているのは、その原点の伝統にこだわりや誇りを持っているからです。そして馬具という狭い領域から抜出して、馬具を作る技術を最大限応用してオタクロワという最初のバッグを製作したことが、現在あるエルメスのスタートとなっています。また、馬具から発展してバッグを製作するのも、エルメスの職人がいるから出来るのです。エルメスの熟練の技を持つ職人たちが高品質のバッグを作り、彼らがその仕事に誇りを持ち、そしてエルメスも職人たちを大切にするからこそ、彼らの作ったバッグは手に持つと心が引かれるのだと思います。

こだわりを持って製作されているバッグなので、エルメスのバッグは高価です。布地のバッグでも数万円するのですが、革製のバッグとなると数十万円以上します。だからこそ、手に取る人は、希少な価値を感じて、一つ一つのバッグに思い入れが出来て、大切に使えるのだと思います。実際、エルメスのバッグは品質が高く長持ちします。なので、安物を買うよりも、長持ちするのであればそれなりの値が張っても意味があるのです。そして、長く使えるからこそ愛着が湧いて自分の物になって行くのです。

エルメスは皮革の特徴を非常に良く生かしたバッグを作ります。使用する皮革は、牛・水牛革やワニ・トカゲ革、ダチョウ革(オーストリッチ)等があり、その皮革の模様や素材の柔らかさや発色、光沢等を活かしてバッグを製作します。そして、どれも複雑な形状やパーツの寄せ集めのものでは無くて、一つ一つのシンプルなパーツが丁寧に組み立てられて、部分も全体もどこを見ても隙のない高品質のバッグが作り上げられるのです。それは宝石のように輝くバッグなのです。だから、エルメスのバッグには誰もが憧れる魅力があり、時代を越えてその良さを感じることが出来るのだと思います。

ケリーバッグについて

世界中の女性が永遠に憧れ続けるエルメスの「ケリーバッグ」。シンプルでありながらエルメスならではの上品さを失わないバッグは、「ハリウッドのクールビューティ」と呼ばれ世界中から愛された一人の美しい公妃が愛用していた姿をメディアによって撮影された一枚の写真から「ケリーバッグ」としての歴史が始まりました。

世界中を駆け巡った写真に写った人は、ハリウッド女優からモナコ公妃へと華麗な転身をしたその人で、彼女の名前は「グレース・ケリー」。写真は、待望の第一子を妊娠中に、妊娠で大きくなったお腹をとっさに持っていたバッグで隠した時の一枚です。モナコ大公レーニエ3世に見初められ「世紀のロイヤルウェディング」と世界が大注目する中、グレース・ケリーは誰もが夢見るシンデレラストーリーを実現したことにより世界中の女性たちから羨望と憧憬の的でした。今でいう「ファッションリーダー」的存在だと言えるでしょう。

グレース・ケリーの愛用バッグとして一気に注目を集めたエルメスのバッグは、当時「サック・ア・クロア」という商品名で販売されており、馬鞍を携行するためのバックをレディース用に改良したものとして1935年に発表されました。しかし、グレース・ケリーが持っていたことで一気に認知度が高まり、女性から注目されるセレブなバッグとしてのステータスを得ました。これを機に、エルメスは「モナコ公妃が愛用しているサック・ア・クロア」というよりも「グレース・ケリーをイメージできるバック」にすべく、モナコ公国の許可を得て1965年に「ケリーバッグ」と改称した経緯があります。グレース・ケリーの今も残る写真には、彼女の名前を冠した「ケリーバッグ」を持っている姿が数多く残っています。

さて、女性たちの圧倒的な支持を得たケリーバッグは今も根強い支持を得ています。まず、その女性らしい上品なフォルムの美しさはもちろんですが、TPOを選ばずに使えるオールマイティなバッグであることが大きな魅力です。また、ケリーには「内縫い」「外縫い」の2種類の縫製方法があり、その方法によって全く印象が異なることから、ケリーバッグはいくつ手に入れても飽くことがありません。サイズ展開も豊富で25cm、28cm、32cm、35cmとあり、素材やカラーに変えることによって印象や用途を選ぶことができます。

グレース・ケリー愛用であったことから、グレースに憧れた女性たちによって「セレブなバッグ」としての不動の地位を築いたケリーバッグですが、女性らしい完璧なまでの美しく可憐なフォルムとグレース・ケリーと重なる「凛とした品格」とした雰囲気を併せ持つケリーバック。洗練された女性こそが持つにふさわしい一品なのかもしれません。

 

年代を超えて長く使える

エルメスはもともと馬具メーカーだったというのは有名な話です。ロゴのデザインにある四輪のマークもそんな由来からです。
それだけに革製品の作りの良さと技術の高さには定評があります。
母親や、祖母から譲り受けて本当に良いものを受け継いで使い続けていくことにあこがれを感じますね。

エルメスのバッグは、長く使えるという品質の良さばかりでなく、年代を超えて愛される品の良いデザインが多くのファンの心を捉えて離しません。

代表的なデザインとしては、ケリーバッグ、バーキンですね。
ケリーバッグは、モナコ公室のグレース公妃がお使いだったことで有名なバッグです。
気品高く、25、28、32、35、ミニケリー、ポシェットケリー、ケリーデペッシュと大きさもバリエーション豊富です。

高品質で長く使えるお品ですから、多少値が張っても、あこがれのお品として長く人気を得ています。

ネット上でのお値段も、100万円はするというものですから、一生モノどころか親から子に受け継がれていくべき逸品です。
ケリーバッグは、公の場でも持てるタイプですし、高価であっても利用価値の高いバッグとも言えるでしょう。

多くの大人の女性に愛されるケリーバッグ。
年齢を重ねて、そういったバッグを持てる、あるいは似合う女性になるということ自体が、多くの女性のあこがれになっているのです。

一方のバーキンは、フランスの女優ジェーンバーキンがその名の由来となっています。
ジェーンバーキンは、手帳や財布をバッグにパンパンに詰めて使っていました。
それを目にしたエルメス氏が、手帳の入る内ポケット付きで、たっぷり収納できてスマートに持てるバッグを作りましょうと提案。
ジェーンバーキンのためのバッグ、バーキンが誕生したのです。

仕事や家庭に忙しく、充実した毎日を送る女性たちをサポートするバッグとして、あこがれの品となっています。
バーキンの持てる女性になる、バーキンの似合う女性になる、ということがステータスとなっているのです。
これからも、エルメスのバッグは、多くの女性たちに年代を超えて愛されていくでしょう。

値段が高い理由

「エルメス」と聞けば、あまりにも有名なヘルメスの代表バッグである「バーキン」や「ケリー」を思い浮かべる人もいれば、デイリーで気兼ねなく使える「ガーデンパーティ」や「ピコタン」などをイメージする人もいるでしょう。人それぞれの好みと使用用途によって連想するバックは異なるかもしれませんが、一つだけ共通点があります。それは、「値段がとても高い」ということです。バーキンなら100万円以上、ケリーですと60~80万円から、デイリーユーズのバックでさえも30万円くらいからです。

ですが、ただ高いだけのバックならば、1890年代にエルメスが初めて製作したバック「サック オータクロア」が世に出て以来100年以上も根強い人気で支えられることはなかったでしょう。エルメスバックには、エルメス独自の確かな技術とクオリティーの高さによって製作されるので「高い値段」に見合っただけの価値が十分にあるからなのです。

エルメス独自のバック製作方法は、同じ革製品専門の他ブランドがまねできないどころか追随できない理由があります。それは、一つのバックを製作するのはたった一人の職人がすべての工程を担っているからです。機械でもなく、職人がパーツごとに受け持つ担当制でもありません。たった一人の職人がひとつのバックを製作するために何カ月も掛け、一寸の狂いもない裁断から始まり、創業時の馬具用品メーカー時代から受け継がれてきたエルメスステッチを用いて一針一針地道に手作業で縫合していきます。完成した時には、バーキンやケリーなどの場合ですと製造刻印が刻まれます。製造刻印とは製造年(アルファベットで示される)、製作職人ナンバーなどが刻まれます。製造刻印は正規品である証しであると同時に、購入後、どんなに年数がたっていようともアフターメンテナンスが必要となった時には製作職人の元に戻され修理するシステムを円滑にするためです。エルメスは購入後は永久にアフターフォローがあるため、10年以上、それ以上使用できるほど丈夫な作りとなっています。母子2台で使えることも珍しいことではありません。

一人の職人が一つのバッグ製作にかかった期間と卓越した職人技術に対しての報酬分が価格の中に含まれていること、使用している限り一生メンテナンスサービスがある安心感を鑑みれば、一概に高いとは言えないかもしれません。ブティックで目にする値段と、エルメスが製作できるバックの数には限りがあることからなかなか店頭で見かけない「カリスマ性」も相まって、ますます「エルメスバックは高い」イメージがついてしまいますが、製作過程に思いを寄せるとまた違った価値観を高い値段から見出せるかもしれません。

エルメスバッグは高い

エルメスバッグは高いです。それになかなか手に入らないので、予約しても1年待ちだとか2年待ちだとか言われています。
私はニューヨークに住んでいたことがあって、友達とニューヨークのエルメスのショップに行きましたら、幻とも言えるバーキンのゴールドが店頭に飾ってありました。友達は「すぐ売れるよ」と言いましたが、そこに日本人の女性が入って来て、さっそくバッグを見せてもらっていて、すぐに買っていました。ニューヨークで買うと日本で買うよりは安いのですが、それでもエルメスのバッグは高いです。
革を少ししか使っていない、ガーデンパーティーバッグでも20万円近くしますし、バーキンになると100万円するバッグもざらにあって、なかなか手が出ないバッグです。
でも、エルメスのバッグはよく出来ているので、長く使えるので、それを考えるとそれほど高くないのかもしれない、と思いそうになりますが、それでもハンドバッグ一つに100万円はあり得ない値段だと思います。
ネームバリューがかなり付いているのでしょう。
私の友達はバーキンを2個、パリのエルメス本店で予約して、仕事柄、キャビンアテンダントをしていたので、フライトのときにパリに行って、受け取って来ていましたが、バーキン2つで100万円を軽く越えていました。
私が宝くじに当たったら買いたいと思いますが、ハンドバッグにしてはとても高いです。似たようなバッグがもっと安くて売っていますから、やっぱりエルメスというブランド名が値段をあげているのだと思います。
100万円のハンドバッグを持つには、それなりの格好もしなくてはバッグだけが浮いてしまうので、いろいろとお金がかかるバッグだと思います。
エルメスバッグは高いですが、やっぱり憧れはあります。ケリーバッグはかっちりしていて、それほど憧れませんが、バーキンはやっぱり素敵だと思います。特にゴールドのバーキンは本当に素敵で、お金さえあれば買いたいと思います。